ryokamizuhara’s diary

とある書店員の雑記。人間関係の悩みや、書評、映画、そしてBach。4歳女児の父。下手っぴギターが趣味。

ボヘミアン・ラプソディ QUEENというバンド

2018年11月に公開され世界中で大ヒットした映画

ボヘミアン・ラプソディ

2019年4月に早くもBD・DVD・配信リリースされました。


ボヘミアン・ラプソディ (字幕版)

 

主演のラミ・マレックアカデミー賞主演男優賞を受賞。

他、編集賞・録音賞・音楽編集賞の4部門を獲得しました。

 

私は、周りから「良かった」という声を聞いていましたが、

劇場には言っていませんでした。

ということで、ようやくDVDにて鑑賞!

youtu.be

 

感想としては、普通に面白かったです。

そもそも私はQUEENをちゃんとは知りませんでした。

もちろん存在はもちろんヒット曲は聴いた事があって、

すごいバンドだな、とは思ってはいたのですが。

 

どちらかと言えば、フレディー・マーキュリーのキャラが強すぎて、

ヒゲで上半身裸で歌う人というイメージでした。

 

この映画を観て良かった思う事は、

QUEENというバンドに対して、そういった変な誤解がなくなったという事です。

ただ純粋にQUEENってすごいバンドだったんだ、という事を再認識させられました。

 

エピソードや、時系列については一部事実と異なると言われていますが、

そこは映画ですので置いとくとして・・・。

随所で流れる楽曲も、「あ、これもあれも聴いた事がある」ってのばかり。

 

そして、何よりフレディー以外の、

ブライアン・メイ

ジョン・ディーコン

ロジャー・テイラー

この3人あってのクイーンだったのだなと思いました。

全員で作曲と曲作りをして、お互いの意見をぶつけたからこそのクイーンだったのですね。

 

で、後でネットで調べてみると、正直ラミ・マレックのフレディより

他3人の方がそっくり度が高い気がします(笑)

特にグウィリム・リーが演じたブライアン・メイが激似ですね。

 

とはいえ、映画の話の中心はやはりフレディーでした。

そして愛について。

フレディは一度、女性であるメアリー・オースティンと結婚しながらも、

あるとき自分がゲイであると気付く。

最近はLGBTの話題も多く取り上げられていますが、当時としてはどうだったのでしょうか?

更にエイズにも感染・・・

もしかしたら、こういった悩みや辛さが世界中で共感されたのかも知れません。

私がこの映画でとてもすばらしいと感じたのは、フレディとメアリーの関係です。

フレディがメアリーにカミングアウトした後も、最後までお互いに必要とし、

支えあう関係にあった事です。

もはや、男女とか友達とかいうことすら超えて、人間同士のつながりみたいなものを感じます。

 

最後は当時を完全再現した「ライブ・エイド」での度迫力のライブシーン!!

ここはすごかったのですが・・・やはり劇場で見るべきでした。

劇場のスクリーン・大音響で見れば、間違いなく興奮度200%増しだったですね、残念!

 

映画を観終わって思う事は、

「じゃ、実際のQUEENってどうだったの?」ってことです。

そうです、この映画をみると本物を知りたくなるんですよね。

言い方はあまりよくないかも知れないですが、

映画は映画で、皆そっくりで歌も演奏もすごかったけど本人達じゃない。

だけど、フレディはもう亡くなってしまっていて、今リアルタイムで姿は見れないし、

新曲がリリースされているわけでもない。

なので、昔のアルバムとかDVDとかを買ったり、レンタルしたりされる方が多いんでしょうね。

 

Youtubeにも実際の「ライブ・エイド」の映像がありました。

*ネタバレになるかは微妙ですが「ボヘミアン・ラプソディ」見てない方はお気をつけ下さい。

youtu.be

本人達の映像見るとなんというか、迫力というか熱量というかハンパないですね。

そしてフレディの存在感が凄すぎる!

何度も観てしまいますし、QUEENっていいじゃん!!ってなりますね。

 

というわけで、この映画はきっと観終わってからが真のスタートといえそうです(笑)