ryokamizuhara’s diary

とある書店員の雑記。人間関係の悩みや、書評、映画、そしてBach。4歳女児の父。下手っぴギターが趣味。

『イエスタデイ』 ビートルズの名曲と共に贈る珠玉のラブストーリー。またビートルズを聞きたくなる!!


イエスタデイ (吹替版)

 

 

「昨日まで、世界中の誰もが知っていたビートルズ。今日、自分以外の誰も知らなかったら?」

というキャッチコピーで心がそそられた『イエスタデイ』。

レンタルにて観賞いたしましたので、感想書いていきたいと思います!!

*若干のネタバレを含みますのでご注意ください。

 

『イエスタデイ』(2019)原題:yesterday

監督:ダニー・ボイル

脚本:リチャード・カーティス

出演:ヒメーシュ・パテル

   リリー・ジェームズ

   ジョエル・フライ

   and エド・シーラン

 

感想

いやぁ、良かったです。

もちろんビートルズの曲たちの魅力にあふれていますが、この映画って実はラブストーリーです。

ヒロインの「エリー・アップルトン」を演じたリリー・ジェームズがとにかく魅力的!

 

そして、やっぱりビートルズは偉大!!

どれもこれも聞いたことがあり、しかも名曲ばかり。

観終わったら、ビートルズを聞きたくなること間違いなしです。

 

個人的に好きな作品である『ラブソングができるまで』に少し近いかも。

こちらもおすすめなので是非!


ラブソングができるまで 特別版 [DVD]

 

主人公は売れないミュージシャン

主人公はミュージシャン「ジャック・マリク」(ヒメーシュ・パテル)。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMWY0YmY1Y2EtYmQxZS00MDU3LWIxYzgtOTU0ZTI3ZjllZmI5XkEyXkFqcGdeQXVyNzgxMzc3OTc@._V1_SX1777_CR0,0,1777,747_AL_.jpg

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BZWM0MzE5MTQtZDUxNi00NTZkLThiZWUtZTU2NmIyZGIzMWIwXkEyXkFqcGdeQXVyNzgxMzc3OTc@._V1_SX1777_CR0,0,1777,747_AL_.jpg

出典:IMDb: Ratings, Reviews, and Where to Watch the Best Movies & TV Shows

 

幼馴染でマネージャーの「エリー・アップルトン」リリー・ジェームズ)と共に音楽活動をするも全く売れない。

ある日、ライブを終えたジャックは夢をあきらめ、音楽活動を辞める事を決意する。

その夜、突然全世界で起こった大停電。

自転車に乗って帰宅中のジャックは車と衝突、交通事故にあってしまう。

 

ビートルズが忘れられた世界

病院から退院したジャックは、友人達から退院祝いでギターをプレゼントされる。

「何か弾いてよ」と言われ、ビートルズの「イエスタデイ」を歌い始めるが・・・。

 

誰もが知っている名曲中の名曲のはずなのに、周りの反応がおかしい。

「すごい・・・そんな曲いつ書いたの?」なんて、まるでビートルズを知らない様子。

最初は冗談かと思っていたジャックだが、まさかと思いながらインターネットでビートルズを検索してみるが、出てきたのは「ビートル(甲虫)」(笑)

メンバーであるジョン、ポール、ジョージ、リンゴもアルバムタイトルもヒットなし!

それどころか、所有していたレコードすらも消えていた・・・。

 

雨が降る中エリーの家へ行き、「マジで、ビートルズを知らない?」と尋ねると、返ってきた答えは「もちろん」。

 

ジャックはスターになれるか

一度は諦めた夢、だけど、今”あの”ビートルズを知っているのは自分だけ・・・。

もしかしたら・・・・。

ジャックはビートルズの曲を思い出していく。

果たしてジャックはビートルズの曲でスターになれるのか!?

 

と、ここまでが簡単なあらすじ。

歌詞を忘れてる、ってのが現実感があって面白いですね(笑)

多少音楽をやっている自分としては、メロディやコードも完全に再現できないだろうなぁ、と思いますし、ましてやアレンジなんて更に無理(笑)

そういった視点からみると、ジャックは売れてなくても、ギターや、ピアノの演奏や歌唱力、音楽的なスキルはしっかりとしていると感心させられます。

 

エリーとの関係の行方

一方で、幼馴染であるエリーとの関係も変わっていきます。

鈍感なジャックは、エリーの気持ちに気付かずにいたが、次第に曲が売れはじめてエリーとの距離が離れていく事で、彼女の存在の大きさに気付き始める。

 

本当に大切なものとは何か?

成功か?それとも愛か?

 

2人の愛の行方をぜひ見届けてください。

 

ご存じの通り、脚本を手掛けたリチャード・カーティスは、数々のラブストーリーを手掛けてきた恋愛映画の名手です。

リチャード・カーティス - Wikipedia

 『ラブ・アクチュアリー』『ノッティングヒルの恋人』『ブリジット・ジョーンズの日記』など、数々のヒット作を生み出してきましたが、

個人的にお勧めなのは『アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜』

 
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (吹替版)

ちょっと不思議なラブストーリです。

まぁ、とにかくレイチェル・マクアダムスかわいい。以上です(笑)

ビル・ナイも良い!

 

エド・シーラン

本作には実在のミュージシャンエド・シーラン」が出演してます。

説明不要、いまや全世界のみんな知っている本当の大スター。

しかもガッツリ重要な役どころです(笑)

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BN2NmODI4ZWQtMmI1NS00MmU5LTlhNWUtMmFhMzI1MmMzNjY4XkEyXkFqcGdeQXVyNzI1NzMxNzM@._V1_.jpg

出典:IMDb: Ratings, Reviews, and Where to Watch the Best Movies & TV Shows

 

彼が出演しているという事で、リアル今この時代とのリンク感が強調されている気がしますね。

エドはいるけど、ビートルズはいない。

 

本人役(?)として出ているので、演技がどうこうというのも変ですけど役者としても悪くないんじゃないですか?

歌も聞けますし、エド・シーランのファンは必見です。


÷ (Deluxe)

 

まとめ

全体的にとても良くまとまっていて、素敵な作品です。

ちょっとSFぽい設定は何となくダニー・ボイル監督っぽいなぁ、と思ったり。

ラストのアレなんか、つまりそういう事か、とSF的な考察もしたくなっちゃいますけど、どうぞご自身でご覧ください(笑)

 

ビートルズ世代のお父さんお母さんはもちろん、ビートルズを知らない若い世代も、純粋にストーリを楽しめる作品です。

むしろ、今までビートルズを聞いたことが無い、という人は(いるかな)、映画内のビートルズを忘れてしまった人達と同じように初めてビートルズを聞くという体験ができます。

そういう方はこの映画に出会えてラッキーだと思います。

だってビートルズを初めて聞いた”あの”衝撃を体験できるんですから!!

 

私は小さいころにイエスタデイを聞いた時、あまりの素晴らしいメロディに子供ながらに衝撃を受けた記憶があります。

名曲の数々、これを機にまたビートルズを聞いてみよう。

 

最後に、リリー・ジェームズがかわいい!!

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTc3MGU0ODYtOGM1Ny00ZjNlLWE2ZTktNzI4NjdiNzlkZmYwXkEyXkFqcGdeQXVyNzgxMzc3OTc@._V1_SX1777_CR0,0,1777,747_AL_.jpg

出典:IMDb: Ratings, Reviews, and Where to Watch the Best Movies & TV Shows